費用を抑えて成功率の高い浮気調査

パートナーの浮気で悩む人は多いのですが、パートナーから浮気のサインが出ているモノの、気付かずいつのまにか浮気が本気に…という結果になり、浮気のサインを見逃した結果、捨てられた…という方も少なくありません。

昨今では肌身離さず持ち歩く情報の宝庫になるスマートフォンもあり、スマホの情報から浮気を見抜く人、SNSの情報から浮気を見抜く人と、一昔前の浮気のサインと現代の浮気のサインは異なって来ています。

パートナーの浮気は一昔前は財布の中にある領収書など、アナログの物が多かったのですが現代人の浮気の見抜き方はデジタル化が進んでいます。

スマホにGPSを仕込むカップルも多く、監視用アプリを恋人のスマホに仕込むカップルも少なくありません。

探偵顔負けで恋人が浮気防止の監視を行い、浮気を未然に防ごうとするカップルも珍しくなく、良い言い方をすればやましい事がない関係であり、悪い言い方をすればお互いに信用をし合えないカップルが増えたとも言えます。

浮気は監視するからしないのではなく、浮気したらパートナーが悲しむ事を想像するからしない形が望ましく、監視の目が正しいとも正しくないとも言えません。

パートナーを信じる事が大切ですがパートナーを信じ過ぎてしまい裏切られない様にパートナーの浮気のサインを見逃さない様に気を付けましょう。

浮気を発覚させるGPSアプリの数々 費用を抑えて成功率の高い浮気調査

浮気を発覚させるGPSアプリは多数存在し、有名なアプリは下記のアプリが挙げられます。

  • TrackView
  • life360
  • Phonedeck
  • Pushbullet
  • iCloud
  • Suica Reader
  • AirDroid
  • Prey Anti Theft
  • Cerberus
  • mSpy

スマホは個人情報の宝庫だからこそ行動を要チェック

費用を抑えて成功率の高い浮気調査

浮気が発覚する際にスマホから浮気が発覚されるケースは多く、個人情報の宝庫がスマホでもあります。

パートナーが浮気をしている時のスマホの使用頻度でも浮気のサインが出ている事もあり、履歴や画像、連絡先だけが浮気発覚の手掛かりと考える方は多いのですが、人間は隠し事ややましい事をする時に、隠し事ややましさを隠す行動を起こす事を忘れない様にして下さい。

典型的な行動の変化はスマホを常に見える所に置くか、肌身離さず持ち運ぶ事になり、個人情報の宝庫である事を浮気している本人が知っている為、やましい事をすればやましい事を隠す行動を起こします。

スマホに触れても怒らなかった人がスマホに触れる事で怒り出す事やスマホの中身を見なくても今までとは違う行動から浮気をしているサインを出す人もいます。

スマホは個人情報の宝庫になりますが、中身を見なくても行動をチェックする事で浮気の判断が出来るケースもあります。

浮気の見抜き方

費用を抑えて成功率の高い浮気調査

パートナーの浮気を疑っている時に確証がないまま探偵に浮気調査をしてもらうのではなく、確証があってから浮気調査の依頼をした方が費用を抑える事になるかもしれません。

その為には浮気の証拠はなくても確証が求められ、確証を得る為にパートナーの行動から確認していかなければなりません。

スマホのロックを掛けていない人がスマホにロックを掛けたり、浮気を疑う理由がなかった時とは明らかに行動に変化があるなら、疑ってパートナーを見る事で不自然な行動が目につくようになってきます。

残業が突然増えたり、仕事からの帰宅時間が遅くなったり、出張回数が増えたり、休日出勤が増えたりと、日常生活にも変化が見られるケースは浮気を疑う理由になります。

他にも身嗜みに気を遣う事や異性を意識した行動から異性と何かしらの行動をした発言が増えたりと、浮気を見抜く為には一つ一つの行動や言動に細かくチェックを入れなければなりません。

違和感のある行動や言動を察知した時は浮気を疑う目線を持ち、言動や行動の節々に細かくチェックを入れる事で浮気を見抜く力が養われます。

パートナーの浮気が疑わしい時のメールやlineの頻度を確認してみよう

費用を抑えて成功率の高い浮気調査

パートナーの浮気が疑わしい時のメールやlineの頻度を確認すると浮気が明るみに出るケースが多々あります。

浮気している側は証拠が見つからない限り疑われても言い訳を繰り返せる為、証拠が見つからない様にメールやlineのメッセージを削除する場合があります。

しかし、一日に何度もスマホを弄り、メールやlineでのやり取りをしている事が分かっているのに、いざlineアプリを開いてみるとほとんどやり取りが残されていない事もあります。

lineのやり取りをすればアプリを開いた時に表示が上の方に来るのですが、上の方に表示されている相手とあまりやり取りが残されていないケースは浮気を疑う理由になります。

パートナーの浮気が疑わしい時はメッセージの証拠を抑えようとするのではなく、浮気相手とメッセージのやり取りがされているかどうかを確認する事から疑いを持ちましょう。

lineやメールで浮気の確証を持ったなら探偵に浮気調査を依頼しよう

費用を抑えて成功率の高い浮気調査

lineやメールで浮気の確証を持ったなら、浮気の証拠を抑える様に行動を起こさなければなりません。

浮気の証拠を抑えずにメールやlineのやり取りだけで疑わしい…という確証を持っていても証拠がない為、言い逃れをするチャンスを作ってしまいます。

証拠がなく浮気を問い詰めても浮気相手を逃がす作戦に出るケースもあり、浮気されていた事をうやむやにされ、うやむやにされた後に逆ギレをされてしまうケースも考えられます。

浮気は世間一般で認められているモノではなく、浮気される方は被害者の立場ですが、被害者も証拠がなければ加害者を追い詰める事は出来ません。

証拠があって初めて言い逃れが出来ず、浮気していた事を認めざるを得ない状況を作るから浮気されていた事を問い詰める事になり、思う様な流れを作り出す事にもなります。

探偵は浮気調査を繰り返し、様々な浮気の事実を発見して依頼者に報告する業務になりますから、浮気に関する知識や経験も多く、証拠を得るだけではなく証拠を使ってどの様にすればいいか?といったアドバイスをくれる探偵もあります。

浮気の確証を持ったなら浮気調査に強い探偵社に相談してみる事で浮気で悩みを抱えている方の救済にも繋がります。